ヘッドライトの黄ばみ・白濁を取り除きクリアに! 出張ヘッドライトレスキュー

黄ばみを取ってクリアにヘッドライトをリフレッシュする ヘッドライトリフレッシュ ドリームコート|浜松市

 

項目

1.ヘッドライトの宿命 白濁・黄ばみ 2.これまでの対策方法 3.新技術 ヘッドライトコーティング  4.施工例 5.料金表 5.ほかのヘッドライトスチーマーとの違いは?

1.ヘッドライトの宿命 白濁・黄ばみ

ポリカーボネート製ヘッドライトの宿命とも言えるのが ・白濁(白い濁り) ・黄変(黄ばみ) 白く濁ったり、黄ばんだヘッドライトは光量が落ち、夜間走行では ・道路状況が分かりにくく危険 ・四つ角などで周りに気づかれにくくて飛び出してくる危険 ・目が疲れやすくなる といった問題だけでなく ・光量不足で車検が通らない ・見た目が古く見えて悪くなる といった悪影響もあります。 無垢のポリカーボネートは紫外線だけでなく溶剤(農薬も)や洗剤にも弱く、新車のヘッドライトには保護のためUVカットコーティングが塗装されています。 しかしコーティングが塗布されていても早ければ3年ほど経つと白く濁り出すこともあります。

2.これまでの対策方法

濁ったヘッドライトを再生したり保護するためにこれまで数々の再生技術や市販のコーティングなどが生まれてきました。 ・再コーティング塗装(耐久年数は約3年~) ・塗布タイプのコーティング剤(耐久年数は半年から1年ほど) ・保護フィルム(耐久年数は約3年) 再コーティング塗装は塗装となりますので数日は車両の預かりが必要となることがほとんどです。 プロ用や市販品の塗布するタイプのコーティングはたいてい半年から良くて1年程度の耐久性です。 保護フィルムは擦り傷や飛び石からヘッドライトを守れますが、車種によっては施工の難易度が高く時間とコストがかかります。

3.新技術

この度、革新的な新技術が生まれました! ・黄ばみ・白濁・表面の微細なクラックを除去! ・超クリアなヘッドライトへと再生!※1 ・耐久年数は平均約3年!4年クリアを保つケースも! ・2年間の保証付き!※2 ・施工時間は短時間!平均1時間程度!※3 ・基本料金は左右で2万円~※税別 ※4 ・出張施工いたします!※5 ※6 ・3年以内の再施工は左右で8千円!※税別 ※7 ・グラスコーティング施工と同時ご依頼で20%引き!※8

営業車・作業車・トラックなどお仕事で使用されている車両のご依頼、車両販売店・用品販売店への業販も承っております。 ※1:飛び石などによる凹み、深い傷、表面から深いクラックは取り除けないことがあります。内部の濁りは取り除けません。 ※2:濁りは少しずつ進行していき徐々に透明度が落ちていきます。2年の保証期間内にて著しく濁りが発生した場合は再施工をさせて頂きます。 ※3:外国車、4灯、複雑な形状のヘッドライトはより時間がかかることもあります。 ※4:国産普通車クラスの料金です。濁り除去込みの料金です。 また※3に適応する場合は追加料金がかかります。 ※5:浜松市内(北区を除く)は出張費無料です。 その他の地域、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市、湖西市、新城市、豊橋市、豊川市は1千~3千円の出張費がかかります。 ※6:出張作業には当店の軽ワゴン車が駐車できるスペースと雨・風が防げる作業スペース、100V電源が20m以内にあることが必須です。またヘッドライトを研磨するため微細な粉塵が少量(大さじ1~2杯程度)発生しますこと予めご了承ください。 ※7:当店の施工完了後にお渡しする施工証明書の提示が必要となります。 ※8:税別5万円以上のグラスコーティング施工プランに限ります。他のキャンペーンとの併用は出来ません。

4.施工例

before⇒after  ⇒ 

料金表

ヘッドライト リフレッシュ(研磨+コーティング)片側
ヘッドライト サイズ初回施工 片側20%オフ キャンペーン中!再コーティング 片側
60サイズ¥10,000¥8,000¥4,000
80サイズ¥12,000¥9,600¥4,500
100サイズ¥13,500¥10,800¥5,000
120サイズ¥15,000¥12,000¥6,000
120サイズ以上ASKASKASK
外国車¥13,000~¥10,400~¥5,000
※基本的に脱着せず車体に装着された状態で施工いたします。脱着作業は別見積もりとなります。 ※凹凸があるヘッドライトの場合は都度見積もりいたします。例:シルフィー、リーフ,シャトルハイブリッド、Z34.etc ヘッドライトのサイズ確認方法 縦横(もしくは斜め)のそれぞれ最大幅の合計で計測します。 例:マツダ スクラムの場合は縦29cm、横幅30cmでしたので 縦29cm+横30cm=59cm ⇒ 60サイズ となります。

ドリームコートとは?

最近、カーコーティング業界でもなにかと話題のヘッドライトスチーマー。 特殊なコーティング溶剤を熱して発生した蒸気をヘッドライト表面に当てます。 するとポリカーボネートに反応し表面を溶解しながらコーティング層を形成して 写真のように抜群の透明感に仕上がります。 耐久性も2年以上と従来のヘッドライト黄ばみ再発防止施工と比べても問題ありません。 ヘッドライトの素材はポリカーボネート、いわゆる樹脂ですから溶かすことが出来る溶剤がいくつかあります。 生の状態のポリカーボネートは薬品に弱く、また紫外線でも劣化するために新車時には耐薬品性があるUVカットコーティングが施されています。 UVカットコーティング自体も紫外線などの影響で劣化が始まり白く濁り、黄ばみが発生してきます。 その劣化したUVカットコーティングを研磨して剥がし、専用の溶剤を温めて気化して表面に当てることでヘッドライトの表面を溶かしながらクリアな状態にしているのですが、溶かすだけの溶剤ではその後、揮発してしまいますので、紫外線や薬品に弱い生のポリカーボネートの状態となってしまいます。 ドリームコートで使われている特殊な液体にはUVカットの皮膜を作る技術が使われていますから、溶剤が気化してからその皮膜がヘッドライト表面を保護するため、クリアな状態を長く維持できるのです。 ヘッドライトをリフレッシュするなら 浜松市のヘッドライト レスキュー シルキーラインに是非お任せください! その他のヘッドライト保護・リペアメニューはこちらをクリックしてください。