新型ワゴンRスティングレー出張コーティング施工

これまで業者様からのご依頼や口コミでご依頼されることが多かったのですが
大変有難いことに最近、ネットからのご注文も多くなってきました。
数あるコーティング屋さんの中からお選び頂き、またご縁があってご依頼頂きましたこと誠にありがとうございます。

こちらのワゴンRスティングレーもN様からネットを通じてご依頼いただきました。

納車されてまだ間もないということでかなりキレイな状態ですが
ボンネットや屋根には水垢と洗車で拭いたときに付いたであろう線キズが薄っすらとですが付いていました。

ボンネットの線キズは光を当てなければ見えない程度ですので
磨きを入れて消してしまいました。

リアゲートの低排出ガスなどの丸いステッカーは特に貼っておかなければならないものではありません。
剥がしたいとのことでしたので剥がしてしまいました。

窓の角、ドアノブの下、ミラーの下などは、水が留まりやすい箇所なので
ボディの水を拭きとっても後から水が垂れてきて水垢が付きやすい箇所となります。

新車が完成してからお手元に渡るまでに雨が降るときもありますし、必ず洗車がされますので
どうしても薄っすらと水垢が付いてしまいがちです。

ですから普段のボディメンテナンスには余分な水を付けず、しかも短時間で終わらせられる
バケツ洗車をオススメしています。
ただし、ボディに付着した砂が多いときはあまりオススメいたしません。

コーティングする前にそういった部分を磨いて一度ボディをリフレッシュしてからコーティング剤を塗布していきます。

磨き終えてコーティングを塗って完成しました。

 

磨くことで本来の塗装のツヤと色の濃さが出てきました。
作業前にお客様と一緒に見ても、ホコリが付いていることもありますがパール入りの黒なのにも関わらず
パールがあるかどうか見えませんでしたが、今ではハッキリとパールが見えて、とても綺麗なボディになりました。

また追加でヘッドライトプロテクションシステムのご依頼を頂きました。
フィルムのご用意ができ次第、またご連絡を差し上げます。

新車の施工は下地処理や磨く量が少なくて済むので基本的に料金は低くさせて頂いております。
ディーラーで販売している中古車のように綺麗な状態であればこちらもお安くさせて頂いております。

また普段お乗りの車でも、お持込み前にご自身で洗車からピッチタール除去、鉄粉除去などをして
ボディをキレイな状態にされていれば作業時間が短くなりますので工賃を割り引くことも可能です。

現時点でメニューにはありませんが、例えば下地処理や磨きを入れないで
いきなりグラスコーティングを塗布するというプランもご要望があれば対応します。

すべてはお客様の幸せと喜びのためにできる限り柔軟に対応させて頂きます。

まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

Follow me!

関連記事

  1. 名古屋モーターショー ロータス
PAGE TOP