ランディにグラスコーティング施工とポリマーコーティングについて

スズキのランディを磨いてグラスコーティング施工しました。

屋根の磨き前がこちらの状態で

磨いた後です。

ヘッドライトはグラスコーティング施工をご依頼頂ければ、サービスで軽く研磨させて頂きます。

ビフォー

アフター

頻繁に手が触れるドアノブ周りはこうしたキズが付いてしまいがちですよね。

こういった部分は少し時間を掛けてしっかり磨いていきます。
そして傷がほとんどなくなりました。

ボディ全体に小キズやクレーターが多かったため作業日数が1日ではすべてを消しきれていませんが、それでもかなり綺麗なボディになって車が若返りました。

やろうと思えばキズをもっと磨いて消してもっと艶を出せますが、2日以上は掛かるためどうしても追加の料金が掛かります。

しかしお客様は年数が経った車にどれほどのお金(時間など)を掛けてどこまで綺麗にされたいのか、これが一番重要です。

今回はなるべくコストを掛けないで、お手入れは簡単な水拭きだけ済ませられて、でも数年はキレイな状態にしたい、というご要望にお応えしました。

マニアが唸るほどの仕上げに施工してくれる知り合いのお店がありますが、1週間以上の預かりで最低20万円から、です。
高いかもしれませんが、本当に拘って丁寧に綺麗に仕上げてくれますので綺麗な車に価値を見い出している方にはお得だと思います。

しかし当店はそういった仕上げは現在お受けしていません。

愛車にそれほど大きなコストを掛けず、綺麗にして気持ちよく乗りたい。

私自身がそう思いますので、そういったご要望に沿った作業をだいたい数万円から10万円以下でお受けしています。

それでも高くない!?ちゃんと作業してくれるの?と思われる方もいるかもしれませんが、たぶん間違いなくお得です。

と私が言うより、本格的なコーティングの価格帯や仕上がりを知っている多くの方からそう言われています。

施工をされずお話だけで高い!と言われた方はこの1年で2~3名いらっしゃいますが、ガソリンスタンドの洗車機で行うワックス洗車や数千円の手掛けワックスと比較されていて、グラスコーティング施工の標準的な料金やその高い耐久性、手入れが簡単なメリットなどをご存知ありませんでした。

メニューには入れていませんが量販店で行っているような2~3万円の格安施工も当店で出来ますが、やはりどうしても作業時間を短縮するしかありませんので磨きなどの下地処理はそこそこにするしかありません。

そうなると当然ですが、汚れや小キズを消して、艶のあるボディを作ることは出来ません。

そこで艶がないボディでも艶が出せて、塗り込みも素早く終わらせられるワックスやポリマー系コーティングの出番となります。

良くも悪くも、口紅のグロスと一緒の油分のようなもので、カサカサの状態でも一瞬でツヤツヤにすることが出来るのが特徴です。

キズもある程度、隠してくれますのでとても便利です。

余談ですが口紅のグロスにも高分子ポリマーが配合されています。

たいていはこうした1年ほど艶を保てる?ポリマー系のコーティングで仕上げるのですが、
これを毎年行うと2万円の施工料金だとしても、3年で最低でも6万円以上掛かります。3万円なら3年で9万円ですね。

5年なら10万円以上掛かることになります。

しかも2回目以降の施工はワックスなら洗車でサッと落とせますが、ポリマーコーティングは1年保つように強力に塗装に張り付いていて簡単には落ちない性質がありますので、お店によっては短時間では落とし切れないこともあり、古くなって酸化して汚れたコーティングの上から再施工をするケースがあります。

また当店の磨き作業のようにポリマー系コーティングをご自身で磨こうとして、ポリッシャーを使ったり、ウエスにコンパウンドを付けてコーティングを擦るとコンパウンドがこびり付いてしまうことがあります。

グラスコーティングと違ってポリマー系コーティングはワックスを固くしたようなものですから、表面が柔らかく汚れや汚れを落とそうとしたコンパウンドなどがこびり付きやすい性質がありますのでご注意ください。

ただ、中にはポリマー系コーティングにガラスの粒子を混ぜてグラスコーティングを謳っている製品もあり、これはハッキリ言ってグラス系を添加しただけのポリマー系コーティングですので同じようにコンパウンドや汚れがこびり付きます。
落とすのも大変になりますので再施工をするには余分に料金が掛かることがあります。

このように汚れがこびり付きやすいから1年毎にしっかりと洗い流してリセットが必要なんですけれど、出来ていないケースもあります。
再施工すればグロスのようなものですから、一見綺麗になったように見えますが・・・

結果、このコーティングを数回繰り返すと汚れが蓄積して最初の頃のような仕上がりにならず、また1年経つ前からボディがくすんできてしまうといったお悩みのご相談を頂くことが多々あります。

当然、中にはポリマーコーティングを使って本当に綺麗に仕上げる技術のあるショップさんも沢山ありますので、ポリマーを使うことが決して悪い訳ではありませんのでお間違いないようお願い致します。

当店の磨きを入れた作業で(ご自身のメンテナンス次第ですが)5年保つと言われるグラスコーティングでも車両のサイズや状態にもよりますが、だいたい5万円からです。これは現在のキャンペーン料金です。
経年車両ですから、通常ならもっと高くてもおかしくない内容です。新車のグラスコーティングですら5~8万円しますので。

正しい洗車や水拭き、そしてたまにコーティング車用中性シャンプーを使って洗えば3年は艶を保てます。(基本、メーカーが5年保つと言うコーティングでも普段のメンテナンス次第ですので、艶が保てるのは3年程度とあえて短めに言わせて頂いております。)

ポリマー系とグラス系コーティング、どちらが本当にお得なのでしょうか。

と言ってもそれぞれにメリット・デメリットがありますし、お店によって仕上がりや料金が違うので一概には言えませんよね。


またコーティングや磨きは技術によって仕上がりが非常に変わる職人仕事ですので、仕上がり具合は人によって、作業時間によって大幅に変わります。

若くてアルバイトでも熟練並みの人もいますし、長年やっている社員さんでもレベルが低い人もいます。
何より腕があっても短時間施工を会社から求められ、どうしても手抜きをしないといけない人もいます。

私は手抜きを求められる仕事が非常に苦手なので、時間が許す限りついやり過ぎてしまう損な性分らしい(昔からの性分で、もうかれこれ数十人の人から言われています(汗))ので、結果としてお値段以上の仕上がりになっているようです。

例えば●万円の作業でも他店の仕上がりと料金を知っているお客様やディーラーや販売店の営業さん、同業のコーティング屋さん、板金塗装屋さんから、倍の値段してもいい仕上がりだよ、安過ぎるんじゃない、とよく言われてしまいます。

本当に有り難く嬉しいお言葉です。
でも、ある目標がありますので、もうしばらくはこのキャンペーン料金で頑張って参りたいと思います。

安い料金だからと言って悪い作業だと決め付けるのは早計です。
大きな看板、宣伝をよく見るからと言って安心だ、良い作業だと決め付けるのも早計です。

無名でも安くても良心的な良い作業をする業者さんが世の中には沢山いらっしゃいます。
私もそんな業者のひとりと呼ばれるよう日々精進したいと思っております。

今回のランディも1日掛けて念入りに仕上げましたので、オーナーさんにとっても綺麗になったと大変喜んで頂けました。

ご依頼頂きまして誠にありがとうございます!

当店は無名で他より安いから心配かもしれませんが、まずはご相談頂ければ幸いです。

あなたからのご相談ご依頼を心よりお待ちしております。

 

Follow me!

関連記事

  1. 名古屋モーターショー ロータス
PAGE TOP