クラウンの黄ばんだヘッドライト磨き

ユートラック第一さんのお客様のクラウンのヘッドライトが黄ばんでいたので磨いてリフレッシュしてきました。

黄ばみというより白濁りですね。

磨いても内部が白っぽくなっていたので残念ながらクリアにはしきれませんでした。

でも右と左を比べたらその差は歴然!ヘッドライトの明るさも違います!

もう片方も磨きました。
透明度が増したので中のリフレクターの形状が見えるようになりました。

濁ったヘッドライトよりクリアに近づいて見た目もスッキリ!明るさもバッチリとなりました。

濁ったまま車検に出すとそのままですと光量不足となるので車検を通すために無料でヘッドライトを磨いてくれるところがほとんどです。

が、しかし!通すためだけの無料の磨きですので粗いサンドペーパーで表面を削って一見綺麗に見えますが、ほとんどの場合は磨き傷だらけになります。

傷が多いというのは表面積が多いため、時間の経過とともにより一層白く濁ってしまいます。

有料とはなりますが、その場しのぎではなく、ちゃんと傷が残らないように時間をかけて磨いて最後にUVカットコーティングやUVカットフィルムで保護してもらいましょう。

クリアの持続時間が違いますから。

ヘッドライトの濁りでお困りでしたらシルキーラインまでご相談ください。

Follow me!

関連記事

PAGE TOP