ゼロクラウンにヘッドライトプロテクションフィルム施工

ヘッドライトが濁り出してしまったゼロクラウンにヘッドライト プロテクションフィルムを施工しました。

写真ではまだまだキレイに見えますが、近づいてみると、、

まだキレイですが、、

ゼロクラウンのヘッドライトにプロテクションフィルム施工

表面のコーティングは傷だらけですし、写真の左の方を見たら
薄っすらと黄ばんでいるのが分かると思います。

右目も同様です。

この細かくブツブツした白濁はコーティングの劣化によるものですが、スジ状の傷は
恐らく白濁したのを消すために粗いサンドペーパーで擦った跡です。

粗いサンドペーパーで擦られてしまうと傷を落とせなくなることもあります。
どこまでも磨いて良ければ消すことは可能ですが、本体のカバーの厚みが薄くなり強度が落ちますし
非常に手間がかかりますので料金も上がってしまいます。

なのである程度は消しますが、多少は残るとお客様にお伝えして作業に取り掛かります。

そして磨いてキレイにしてからプロテクションフィルムを貼って
リフレッシュされたゼロクラウンのヘッドライトがこちらです。

ディーラーや車屋さんではよく車検を通すためだけにサービスで磨いてくれますが、
サービスなのでコストのこともあり、車検を通すためだけに必要十分な作業ということで
時間短縮のために粗いサンドペーパーで擦っておしまいというケースが多いと思います。

粗いサンドペーパーで磨いて傷が残ったままの状態で当店にお持ち込みされますと
修正に時間と手間がかかりますので、作業料金が上がってしまいます。

出来ることなら濁ってきたヘッドライトの車を車検に出す前に当店までご相談頂きたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 磨き後のヘッドライト
PAGE TOP