キズの自己修復機能の実験!ペイントプロテクションフィルム

ペイントプロテクションフィルム PPF キュアテクト ナノ の
キズの自己修復機能の実験です。

キズの自己修復はキュアテクトとキュアテクト ナノ の特殊な機能です。

黒いゴミ箱にフィルムを貼って実験してみました。

プラスチックのゴミ箱ですら真鍮ブラシで擦れば当然、キズが付いてしまいます。

フィルムが貼ってあるところを真鍮ブラシで5回ほど軽く擦ってみます。

薄っすらとですがキズが付きましたが・・・

キズが見えやすいように角度を変えて写真を撮っているうちに・・・

ほとんど目立たなく、というか分からなくなってしまいました!

力が弱かったかも?

それなら今度は真鍮ブラシの先がしなるほど押さえ付けて擦ってみます。

薄っすらとですがキズが付きました。

ゴミ箱のほうはキズだらけで酷いことになっています。

しかし、数枚写真を撮っているうちに・・・

もう既にキズが薄くなってきていますね。

上の写真はカメラのマクロ(接写)モードにしてアップで撮っていますから
普通に見たらまったく気にならないレベルです。

この数枚の写真を撮るのに掛かった時間は1分足らずです。
たったそれだけの間にキズが自己修復してしまいました。

キズの修復はフィルムが温かいほうが促進されます。
この日は暑い気温でしたから撮影中の少しの時間で修復されたようです。

キズの自己修復機能、まさか?と思っていましたがご覧の結果に驚くばかりです。

車を磨いていると99%の車のドアハンドルのカップ部分にキズが付いています。
乗り降りするには必ず触るところですので無意識のうちに付けてしまうのでしょう。

そして毎回、目に付いて気になる場所でもあります。

もし気になるようでしたらペイントプロテクションフィルムで保護してみてはいかがでしょうか。

プロテクションフィルム施工例
ペイントプロテクションフィルムについて

 

Follow me!

関連記事

PAGE TOP