スバル プレオの磨きとグラスコーティング施工

スバルのプレオを当店作業場で預かり、磨いてグラスコーティング(ガラスコーティング)を施工しました。

ご自身でワックス掛けをされていたようでとてもキレイに乗られています。
ワックスにはグラスコーティングではとても出せないテロっとした艶出し効果やキズ隠しの効果があります。
しかしワックスを使うとどうしてもところどころにワックスの残りカスが残ってしまったり
ワックスは酸化してしまう油脂ですのでそれが不純物を含んで酸化し固着してしまうと
なかなか落ちない汚れとなったりしまうことがあります。
とにかくツヤ出しをしたくて、デメリットをちゃんと理解した上で
ワックスをお使いになるユーザーさんは沢山いらっしゃいます。
ワックスのツヤは私も好きです。
ただキレイを維持するためのお手入れが面倒なので
自分で乗る車にはやっぱりグラスコーティングがイイですね。
写真のように凸凹したところはワックスや汚れが固着しやすいところです。

すべては取りきれませんでしたが時間が許す限り出来るだけキレイにしてみました。

お次は運転席側の屋根にあったかなり深刻な何かのシミです。

恐らくですが、鳥のフンか虫の死骸などがしばらく付いたままになって出来た染みのようですね。
ここまで行くと洗ったり、磨いただけでは取れませんので通常の作業では取り除いておりませんが、ちょっと手間をかけて取り除いてみました。

無事にシミが無くなりました。
運転席に乗り込むときに目に入り気になりそうなところだったのでシミが取れて良かったです。
ホントは違う場所を撮ったんだろ、と言われてしまいそうですが、シミ跡が無くなってしまったら写真じゃ証明するのは難しいんです。
マジックかマスキングでマーキングしておけばいいんですけど、作業時間がなんせ一日なので、時間がもったいなくて普段は写真を撮ることもしていません。
この写真でもうひとつ見て頂きたい点があります。
周りに反射して映っているのはカーポートの天井ですが
最初はくすんでいたのに作業後の写真はスッキリしているのがお分かりでしょうか?
車のボディを磨くことでこのようにリフレッシュさせることが出来るんです。
グラスコーティングにはワックスのようなツヤ出し効果や傷消し効果はほとんどありません。
ですからポリッシャーとコンパウンドを使ってしっかりと下地自体にツヤを出させる必要があるのです。
ボディを磨く前にはそれほど気にならないのですが作業が進み、全体の汚れやくすみが取れてリフレッシュされてくると気になってくるのがこうした細かい部分です。

樹脂パーツはどうしても経年劣化や汚れで白っぽくなってしまいます。
特に黒い樹脂パーツは白っぽくなると目立つので困りますよね。
気になってしまったのでちょこっとだけキレイにしておきました。

細かく見ていくと樹脂パーツの横の汚れも気になりますが
ワックスを含む固着した汚れですので、これをキレイにする作業をやり出すと一日ではとても終わらなくなってしまいます。
ボディを全体的にリフレッシュさせていき、時間が許す限り細かい部分もやらせて頂きますが、今回のように大きく目立つ箇所からやっていきますので、どうしても細かい箇所までは手が回らないこともあります。
あくまで限られた施工時間の範囲内での作業とさせて頂いております。
どうしても追加の作業が必要な場合は作業時間がより多く必要になりますので別途追加料金をお見積もらせて頂いております。
さらにリアバンパーの部品もキレイにしました。
作業前

作業後

今回はお任せコースなのであくまでサービスで出来る範囲でやらせて頂いています。
ですからキレイにしたあとに保護する樹脂用のコーティング剤は今回使用していません。
こうした追加作業をご希望の場合は別途お見積もりをさせて頂きます。
そして仕上がった車がコチラです。

薄っすらと付いていたくすみや汚れ、細かいキズやシミを出来るだけ取り除いて

グラスコーティングを施しました。

もし、お車にツヤが無くなってきたり、くすんできてもご安心ください。
当店ができる限りキレイにツヤツヤにさせて頂きます。

Follow me!

関連記事

  1. ヘッドライトの磨き前と磨き後の比較
PAGE TOP