N BOXをシルキーコースでリフレッシュ!

豊橋市にお住まいのI様より、ホンダ N BOXのシルキーコースをご依頼頂きました。

持ち込まれたNボックスです。

写真では綺麗に見えますがアップで見ていくと・・・

こんな具合で汚れが付いていました。

これらは洗車前ですので洗車をすれば汚れが落ちて、ある程度は見えなくなります。

しかし一見すると汚れが見えないようでも、このような水が流れた跡が付いているところや水滴が付いていたところはしっかりと水垢汚れが付着しています。

こうした汚れは磨きで落としていきます。

洗車をしたらテールランプの前に小キズが見えてきました。

磨いて消したり、目立たなくしていきます。

運転席の後ろのドアです。

こちらも深い傷以外は磨くことで見えなくなりました。

濃色車は特にドアノブに付いた爪の傷跡が目立ちますね。

こちらもあまり傷がかなり目立たなくなりました。

屋根はライトが当たるとギラギラと洗車キズと水垢が見えてきます。

磨いてスッキリとしましたが、クレーター状に凹んでしまった塗装は残っています。

こうしたところは塗装のクリア層が無くなるまで深く削らないと修復できませんので通常の磨きだけでは取りきれません。

しかも今回は、車周りの小キズが酷かったのでそちらを重点的にやらせて頂きました。

ヘッドライトが薄っすらと白くくすんでいましたので磨いてクリアにしていきます。

くすんだヘッドライトはボディが綺麗になると余計に目立ってしまいますからね。

磨きを終えてコーティングを塗り終えて生まれ変わったNボックスがこちらです!

このエヌボックスは1年ほど前に他社の1年耐久ポリマーコーティングを施工されたそうです。

でも2年目になり、再び1年コーティングをされるときに
ポリッシャーという専用機械を使ったボディ磨きが無い作業ではどうでしょうか?

先程の写真ではポリッシャーを使った磨きで水垢や汚れ、小キズを落としましたが。

・古くなると黄ばんでくる去年のコーティングは?
・水垢や汚れは?
・ボディの小キズはそのままなのか?

こうした疑問が湧きませんか?

古いコーティングの落としや小キズ消しは、私達がプロが使う専用ポリッシャーとバフ、コンパウンドを使った磨きでも大きめのハンカチ程度の範囲に数分から10分ほど時間が掛かります。

こうして丹念に少しずつボディ全体をグルっと磨きながら周って汚れを落とし、小キズを磨いて表面を整えてからコーティングを塗りますので、どうしても時間が掛かります。当然、料金もそれなりにします。

本来ならここまでの仕上げをしたら10万円以上してもおかしくありませんが、ただ今、キャンペーン中ですので新車と同じく基本施工料金は¥45,000(税別)です。

尚、他社のポリマーコーティング施工済み車両のリセット、そして濃色車ですので通常は2日以上の施工となり、追加料金を頂いております。

今回はお客様のご希望もあり、特別な方法でやらせて頂くことをご了承頂いた上で1日施工の特別価格でやらせて頂きました。

しかし、この内容でこんな料金は今だけです!

今後、二度とやることは無いと思われます!

ここまで仕上げるには何かとかなり大変ですので(大汗!)

 

こんな感じでしっかりと綺麗に仕上がるシルキーラインのシルキーコース

是非、あなたの車も試してみませんか?

ご連絡をお待ちしております。

 

 

Follow me!

関連記事

PAGE TOP