MRワゴン グラスコーティング施工

スズキ MRワゴンにグラスコーティングを施工しました。

持ち込まれた状態はボディ全体に水垢が薄っすらと付いている状態でした。

磨いていくとご覧のように白っぽかったボディのツヤが回復し、
色もハッキリした濃い色が戻ってきました。

こちらの写真では分かりにくいのですが、
よく見るとライトの付近に小さなポツポツとした水垢が付いているのが分かります。

磨いてポツポツした跡が取れて艶が回復し、ボディが輝いてきました。

ヘッドライトはグラスコーティング施工中に軽く磨かせて頂いております。

こちらのヘッドライトは写真ではそれほど酷くないように見えますが・・・

角度を変えて見ると白くなって濁った状態になっているのが分かります。
また写真では上手く写りませんでしたが、黄ばみが出てきていました。

そんな状態から磨いていくと、少しずつクリアになってスッキリとしたヘッドライトになってきました。

しかし写真ではかなりキレイに見えますが、ヘッドライト表面に塗ってあるUVカットコーティングがすでに黄変しており、
実際のところ、上から見ると薄っすらと黄ばんできているのが分かります。

あくまでグラスコーティング施工の中のサービスで行っている簡易磨きですので
この黄変したコーティングすべてを落としてはいません。

もし落とすとなれば、もっとスッキリとしたクリアに出来ますが、その後、UVカットコーティングを塗布するか、
ヘッドライトプロテクションフィルムを貼らないと早ければ数週間から数ヶ月でヘッドライトは再び白く濁ってくるでしょう。

今回は白く濁り出している状態ですが、まだ軽い磨きだけでクリアに出来る見込みがありましたので
追加オプションのヘッドライト磨きや保護フィルム施工をお勧めはしていません。

当店では説明は致しますが、余分なオプションの売り込みは致しません。
お客様が必要と感じるときがくれば施工をご依頼頂ければと思います。

すべてはお客様の幸せとともにあります。

さて、続きの磨き工程です。

ドアパネルの左が磨き後、右が磨く前です。

右も磨いてポツポツした跡が消えてスッキリしました。

作業前の写真を撮り忘れてしまいましたが、テールランプのレンズも磨いています。

少し曇った感じになっていましたが、艶が回復するとともに色が濃くなり新品のようになりました。

このほかにサンバイザーなども磨いて艶を回復してあります。

そして完成したMRワゴン、グラスコーティング施工後がこちらです。

新車から数年が経ち、艶がなくなり、水垢が付いて白っぽくなり、若干色が褪せてきた状態から
艶々とした状態へと若返りました。

たまにこうした写真を見て、「新車にグラスコーティング施工?」と言われることもありますが
新車から数年経った経年車両です。
こう言われると嬉しくてついニヤケテしまいます^^;

 

納車後、お客様から頂いたとってもありがたいお言葉です。

「先日はありがとうございました。新車と一緒に並べていますが、まったく遜色ありません。
丁寧な仕事ありがとうございます。」

当店ではお客様に喜んで頂けるように
一台一台、真心込めて丁寧に磨いて仕上げさせて頂いております。

グラスコーティング施工以外にも
洗車、塗装ミスト除去、
格安のヘッドライトの磨きとコーティング施工から
最近大好評のヘッドライトプロテクションフィルム施工、
ボディを保護するペイントプロテクション施工などなど
お車がキレイになるお手伝いをさせて頂いております。

もしお車のことで気になることやお困りごとなどがございましたら
まずはお気軽に当店までご連絡をくださいませ。

 

Follow me!

関連記事

PAGE TOP