ダッジ チャレンジャー

今週の平日はずっと裏方仕事なので写真はアップ出来ませんでした。

しかしご依頼頂いた業者さんから写真掲載の許しを頂いたので、、

ドン!

メチャ格好イイ、ダッジ チャレンジャーを昨日グラスコーティング施工いたしました!

新車から数年経っていますのではこんな感じでしたけど

磨いてスッキリ!

こちらの写真はトランクの上です。

屋根やトランクなど平らな部分は特に洗車後に水滴を残さないようにしましょうね。

水滴が乾燥して水道水に溶けていたカルシウムやマグネシウムが輪ジミになって

そこに風で飛ばされてきた酸やアルカリに侵された様々な物質が溜まり

雨が降って酸などが溶け出しては乾く際に濃縮されて

塗装を侵して月面のクレーターのような凸凹になってしまいます。

またガラスはマグネシウムなどのミネラルと強力に結合して落ちにくくなりますから

洗車後に水分を拭き取る際は

窓ガラス、平らなところから始めてください。

さらに言えば、日が当たって温度が高い面から拭き始めてください。

またこれからの気温が高い季節は拭き取って細かい水滴が残っていると

タオルを絞っている間に小さくなった水滴はドンドン乾いていきますから

タオルは2枚用意しておくといいでしょう。

1枚目であらかた水を拭き取り、

2枚目で細かな水滴を拭き取り切る。

こうすれば水垢になるような水滴を残さないで済みます。

でも、あまり神経質にならないでくださいね。

細かくなり過ぎると疲れてしまいます(^^;

ある程度キレイに維持しておいて

汚れや水垢にガマンが出来なくなったら当店にご依頼ください。

キレイなお車へとリフレッシュさせて頂きます!

車をキレイにしたいなあ

ヘッドライトが濁ってきたなあ

なんてお悩みでしたら

お気軽に当店までご相談ください(^^)

スマホからでしたら下記の電話番号をクリックすれば電話が掛けられます。

自動車の磨きとカーコーティング カーエステのシルキーライン|浜松市

担当 村瀬 連絡先:053-571-1001

Follow me!

関連記事

  1. フォードGT40改 ランボルギーニ ミウラ LB★WORK仕様
PAGE TOP