新車のアルファードにG’ZOX ニューリアルガラスコートでガラスコーティング施工

新車のアルファードにG’ZOX(ジーゾックス)の
ニューリアルガラスコートでガラスコーティング施工をしました。

新車でも洗車の方法によっては傷が付いたり水垢が付いたりしますので、お客様に車両販売店さんへ納車前の洗車はされないようにお願いするようにお伝えしていますが、たいていは洗車をされてしまっています。

今回のアルファードも洗車をされていて水垢がビッチリと付いていました。

白い水垢なので白いボディでは目立ちませんが、良く見ると水垢が付いています。
写真には上手く写すことができませんでしたが、中心付近の丸いポツポツしたところが水垢です。

このような水垢は磨いて落としたり溶剤を使って落としていきます。

エンブレムに付いた水垢を落としました。

ボディの水垢も落して光沢がアップするように磨いてからニューリアルガラスコートを塗布して余分を拭いて完成です。

新車で購入された車でも技術を持った人が設備が整ったところで上手に洗わないと水垢や洗車キズは簡単に付いてしまいます。
それが出来ないようでしたら洗車はしないでお持ち込み頂けると水垢落としの料金が余分に掛からずに済みます。

工業用水や井戸水は直接使わず、純水装置で浄化した水を使い、作業は水が直ぐに乾かないように日陰や屋内で、新品のマイクロファイバークロスを使って優しく撫でるように洗い、シャンプーをしっかりと流し、水分が乾く前に拭き取り、さらにエアブローで隙間に残った水を飛ばして後で水が垂れて乾いて水垢が付かないように洗って頂けるのでしたら、販売店に納車前の洗車をお願いしても大丈夫ですが、まずそこまでしてくれるところは残念ながらありません。

ですから新車のコーティング施工前に販売店でもご自身でも洗車をされないようにと強くお願いしています。
ただし鳥糞や虫の死骸は塗装が侵されますので早急に取り除く必要があります。

車を洗車しても取れない汚れやくすみで古ぼけて見えるほとんどの原因は
誤った洗車方法や低品質なポリマーによるものがほとんどです。

車を正しく洗車していればキズや水垢を付けずに長く綺麗な状態を維持できます。
10年以上も経った古い車でも綺麗な状態のものは沢山あります。

当店ではガラスコーティング施工後に正しい洗車方法をレクチャーしています。
オーナーさんご自身による普段の正しいメンテナンスが綺麗なボディを長持ちさせる一番の秘訣ですから。

綺麗な車に清々しい気持ちで長く乗ってもらるようにお手伝いすることが当店の理想としているところです。

Follow me!

関連記事

PAGE TOP