CPCペイントシーラント施工済みのアコードをリフレッシュ!

新車購入時にディーラーでCPCペイントシーラント施工をされたアコード。

しかし数年も経てば洗車の仕方によってはどんなコーティングでも水垢や洗車キズが付いてしまいます。

ガラスコーティングすれば汚れない・・・そんなことはありません。

汚れが落としやすくはなりますが、どんなコーティングを施工したとしても水垢となる成分が含まれている水が乾けばその成分が結晶化して付着しますから。

詳しくは 洗車をすると実は汚れます!? をご覧ください。

さてこちらのアコードも水垢がビッチリと付いていました。

表面に付着した水垢だけでなく、塗装を侵してクレーター状やポツポツと穴が開いたような凹みもありました。
磨き切ればある程度は凹みも薄くなりますが、クリアの塗装が薄くなり過ぎたり、無くなる恐れもあります。

コーティングはあくまで塗装を守るための物ですから、大切な塗膜を失くしてしまっては意味がありません。
また一日で仕上げる短時間の施工ですからそこまでは磨く時間もありません。

限られた時間の中でできる限りくすみを取り除いていきます。

 

磨き終えましたが、深いクレーターや穴は残っています。

しかしライトを当ててあえて凹みを見なければ、かなり綺麗になりました。

右半分が磨き前、左半分が磨いた後です。

この状態が、、

磨くことでこのようにくすみが取れて色が濃くなりピカピカになります。

磨き終えたら再びCPCペイントシーラントを塗布して保護します。

最初の頃よりは格段に色が濃く、ボディが輝くようになりました。

一度、CPCのコーティングを施工したら他のコーティングに置き換えられない訳ではありませんが、短時間での施工では無理がありますし、置き換えとなると料金も上がってしまいます。

キーパープロさんのコーティング施工済み車両も同様です。
水もコーティングもよく弾くポリマーコーティングをしっかりと剥がさないとガラスコーティングが塗装にしっかりと乗りませんので。

料金が高くなるなら数年耐久性がある良質なCPCなどのコーティングをするほうが安く抑えたい方にはメリットがあります。

他店でコーティングを施工されたお車でもリフレッシュする方法は色々あります。
お気軽にご相談ください(^^)

Follow me!

関連記事

PAGE TOP