ルノー ウインドにヘッドライト保護フィルム貼り

白く濁ってしまったルノー ウインドのヘッドライトを

磨いて透明な状態にリフレッシュしてから

ヘッドライト保護フィルムを貼りました。

とっても洒落たクルマですね(^^)

でも、チャームポイントでもある大きなヘッドライトが濁ってしまっているとちょっと残念な感じがしてしまいます。

まずはこの濁ってしまったヘッドライトを磨いてクリアな状態にリフレッシュしていきます。

外国車は全般的に新車時のUVカットコーティングがかなり硬めで剥がすのにひと苦労です(^^;

磨いて磨いて透明になりました!

そして紫外線をカットし、飛び石からヘッドライトを守る保護フィルムを貼ります。

貼った状態がこちらです。

ヘッドライトがスッキリしてクルマが若返りました!

やっぱり目は重要ですね(^^)

外国車は特に濁ってからですと磨くのが大変ですので、濁ってしまう前にフィルムを貼って保護してあげましょう!

UVカット率90%以上ですので、白く濁ったり黄色くなったりするスピードをかなり抑えることが出来ます。

今回のように磨くと新車時のUVカットコーティングが無くなります。

フィルムを貼らずに置くと数ヶ月から半年程度で白く濁ってきますが、紫外線カットフィルムを貼ることで余裕で数年はクリアな状態を維持できます。

つまり新車時に貼っておけば元のコーティングがかなり劣化しにくくなります!

さらに実験では1センチくらいの石を200km/hでぶつけてもヘッドライトにはキズが付きませんでしたので、飛び石などからも守ってくれます。

フィルムが傷んできたら剥がして貼り直せばOKです。

ただ今、グラスコーティング施工とヘッドライト保護フィルム貼りをセットでご依頼頂ければ、ヘッドライト保護フィルム貼りが20%オフ!!

この機会に是非ヘッドライトとグラスコーティングを施工してみませんか。

あなたからのご依頼を心よりお待ちしております(^^)

車をキレイにしたいなあ

ヘッドライトが濁ってきたなあ

なんてお悩みでしたら

お気軽に当店までご相談ください(^^)

スマホからでしたら下記の電話番号をクリックすれば電話が掛けられます。

自動車の磨きとカーコーティング カーエステのシルキーライン|浜松市

担当 村瀬 連絡先:053-571-1001

Follow me!

関連記事

  1. ヘッドライト磨き前と磨き後
  2. 磨き後のヘッドライト
PAGE TOP