ヘッドライト コーティング

  現在のヘッドライトはガラス素材からポリカーボネート樹脂製へと変化し、車両の意匠を決める重要なパーツの一つとして様々な形状が存在しています。 そのポリカーボネートの弱点として問題となるのがライト表面のハードコート層の劣化と白濁です。通常これを修復する手段として耐水ペーパーを用いてハードコートを研磨、除去してからコンパウンディングで透明感を復元し、その上で表面にコーティングや塗装を行うのが一般的です。 しかし、塗装面とは異なる素材と条件において確実に効果を発揮するには専用の製品が必要です。 ECHELON for  Headlightは新たに処方し開発されたヘッドライト専用の製品で被膜自体の劣化を防ぎ、ポリカーボネートを保護します。

 

   
Before After

 

紫外線からの耐候性

ヘッドライトに従来使用されているハードコートは、紫外線の影響を考慮した専用の塗料を使用しています。それでも影響は避けられず徐々に劣化してしまいます。ヘッドライトを研磨した際には、通常のボディ用コーティングでは紫外線に対しての耐性がなく、施工しても被膜とともにポリカーボネートも劣化してしまいます。そこで、本製品は強力なシロキサン結合を持ったガラス被膜を採用し、被膜が紫外線による影響を受けにくいため、長期間ポリカーボネート表面を保護できます。

ヘッドライト施工に適したレベリング性

ヘッドライトの保護を目的として、コーティング剤には物理的な保護力を発揮するための膜厚とともに、対象が透明であるという性質上、ムラや白濁感のない高いレベリング性が求められます。ECHELON for Headlightは膜厚を保ちつつ容易に平滑性を得ることができる適度な粘性と濃度を持った専用処方でクオリティの高い仕上がりを実現します。

1.劣化したヘッドライト 2.研磨などの適切な前処理を行い劣化したハードコート層を除去します。
 
3.ECHELON for HeadLightを塗布します。 4.クロスで拭き上げてコーティングが完成します。

 ヘッドライトコーティング剤は他の製品の取り扱いもございます。

料金 下地処理+コーティング塗布
軽度な白濁・黄ばみ¥5,000~
重度な白濁・黄ばみ¥10,000~
※ECHELON for HeadLightは上記料金に¥3,000追加となります。

PAGE TOP